Shinworldtraveler’s diary

年間150フライトするミリオンマイラー 世界の機内食や出張先の出来事などをアーカイブします

全日空ムンバイ-成田搭乗記 NH830

ムンバイ発20:00成田行きはゲート74番搭乗開始時刻19:30から始まりますとチェックインカウンターで告げられ、10分前にゲートに着くともうすでにみなさん並んでいらしゃる
しかもこの便プライオリティレーン客の多いこと。エコノミーよりもプライオリティレーンの方が列が長く、ダイヤモンドなんて普段4、5人なんですがこの便に限っては二桁人数並んでいることも珍しくありません
それだけ行き来しているのか行き来しなければいけないのか、いたく無いのか。。
まあ事情はそれぞれでしょうが。。

この便は観光客はほとんどおらず、特に木曜日金曜日 ムンバイから東京へ行く便は混んでます。
駐在するのが難しいムンバイ?インド?まあどちらでもいいのですがとにかく 早く帰りたい!!!!オーラが並んでいる列から伝わって来ます
ドアクローズギリギリに飛行機に乗り込んで来る人なんて今まで見たこともないしみなさん帰れるのだから確実にどんな渋滞があっても帰れるように早めに来ます、そして登場開始とともに

速やかに

機内に入り、席に着き、20:00前のドアクローズと20:00ぴったりもしくはそれより前の時間のプッシュバックを期待します

今回ももちろん搭乗はテキパキと19:45にはドアクローズのアナウンスが流れてましたが、
なんと
オンデマンドテレビのシステムエラーで、セットし直しのため30分ほど出発が遅れますとアナウンス。
テレビ見ないから早く出発しろ!!
って後ろの方から聞こえて来ました その後もブツブツなんだかいってます

はい

早く帰りたいのはあなただけではありません みんな早く帰りたい

これが海外のエアラインだったらこのオッチャン叫んでますかね〜と思っていると無事にプッシュバックを20分遅れで開始し、西へアラビア海上に向かって離陸し、海上で進路を東に取りコルコタ上空を通りそのまま機体を東北に向け上海上空を通過した後、日本海を渡り日本へ
愛知から成田まで快晴、伊豆半島を過ぎ大島上空あたりで、頂上は雪がすでに被っている富士山を、日本の技術がぎっしり詰まった日の丸が描かれた翼の下から見えると、速度と高度を少し落とし始め関東平野東京湾が見え始め、そのまま房総半島南から九十九里沖を目指し、最終着陸態勢に入り無事に成田空港に着陸しました
上空から美しい富士山を見ると日本に帰って来たなと実感がわきます。


f:id:Shinworldtraveler:20181104163733j:image

離陸後、日本に帰れる安心感からか、ぐっすりと4時間半も寝ることができ、起きたら高度を下げ、富士山が翼の下から綺麗に見えました。

南から東京に向かうときは天候によりますが富士山が見える確率が高いため必ずA席を取るようにしてます

 

f:id:Shinworldtraveler:20181104163832j:image

搭乗時間よりかなり早く行ったつもりですが、もうすでにみなさん並んでる。

ムンバイ成田便はいつも搭乗時間前に乗客はみなさん並んでいて、遅れて機内に入ってくる人を見たことがありません。


f:id:Shinworldtraveler:20181104163840j:image

PY席16A 予約通りに席に着き定刻通りにプッシュバックです


f:id:Shinworldtraveler:20181104163727j:image

着陸前

ちょうど房総半島が綺麗に見えました。


f:id:Shinworldtraveler:20181104163740j:image

最終着陸態勢に入り、着陸10分前。

日本へ帰国するよりも、インドから出国できる喜びを感じてました。

ムンバイ国際空港 GVKラウンジを利用

全日空はムンバイ国際空港ではGVKラウンジと提携していて、イーストラウンジを使用することになっています。 ウェストもイーストも中の作りや料理は全く一緒なのに何故かウェストはダメでイーストにいつも通されます。
インドに来ると、何故????がも多くなります。
本当に訳のわからないことによくぶち当たります。
ここでも、空港内でも何故???
あまり深く考えるのはやめましょう
とにかくイーストラウンジに向かい、入って右側のバーカウンターへ
出発前にお酒を飲むということはほとんどないのですが、ここのバーカウンターは広々としていて喉も渇いていたのでビールでも一杯飲んで行こうかと思い座るとペリエが置いてあります。
インドで炭酸水となるとローカルの泡がやけに荒い炭酸水かシュウェップスになってしまいます
そんな中ペリエが飲めるとは
早速氷とレモンを(ライムでしたが)容易していただき、缶のペリエをゆっくりグラスに注ぎますと、
ソーダが氷に当たる音とバーテーブルに照らされた光に跳ね返る弾かれたお水が綺麗に目に映り、もうここはインドではないんだと思うと心も落ち着いて来ます

いやまだ油断はできない飛行機が離陸するまでは

f:id:Shinworldtraveler:20181110142030j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181110142016j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181110142021j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181110142059j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181110142049j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181110142035j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181110142026j:image

インドでも日本ウィスキーブーム?? ムンバイ国際空港免税店にて

インドでも日本ウィスキーブーム到来??

日本を出国する時免税店を除くと、響はおろか白州や山崎などは軒並みsold outの札がかけられ、海外で高値で取引されている、日本のウィスキー。
私はそれほどウィスキー好きではないのですがそれでも、日本のものが海外で大きく取り上げられ有名になり、やはり日本はquality と言われるのは日本人として本当に嬉しい事です。
帰国のためムンバイ国際空港 出国免税店でなんと ニューアライバルの札までついて大きくプロモーションでジャパニーズウィスキーコーナーを見つけました
そういえばインド人ウィスキーが大好きなんですよね
よく食事の時に(これまた夜遅く夕食をとります)あの油たっぷりのインド料理と一緒にウィスキーを飲まれる方が多く、インド料理はともかくあんな濃い料理でウィスキーの味はわかるんかいなと思うくらいこのウィスキーは、あのウィスキーはなんて話してます
ローカルのウィスキーもあるのですがやはり海外のシングルモルトやスコッチを飲んでるということはステータスなのでしょう、よくあのウィスキーは美味しかったとか12年よりも17年の方がスムーズだなんて得意げに会合なんかで話している人多くいます
インド人のウィスキー好きとして現に今まで見た感じですと機内エコノミー席で、ウィスキーの消費量はトルコ航空のロシア便に次ぐムンバイ バンコク便のジェットもしくはエアーインデイアだと思うくらいインド人はウィスキー大好きです
免税店でもウィスキーコーナーが一番大きくそして一番人が入っています。そこで見たのが先ほども書きました日本ウィスキーコーナー
Made in Japan と書いてありますが、ウィスキーにそれほど詳しくないからどれも初めて見るブランドとボトルです
まあmade in Japan と書いてあるのですから日本製なんでしょう
どうかたくさん売れてくれますように

 

f:id:Shinworldtraveler:20181104163614j:image

インド人のウィスキー好きは知っていましたが、このように高く積まれた日本ウィスキータワーが三箇所も


f:id:Shinworldtraveler:20181104163619j:image

結構いいお値段です。。

しかも知らないブランドなのに


f:id:Shinworldtraveler:20181104163623j:image

なんとこのニューアライバルのウィスキーは日本円で5万円!!


f:id:Shinworldtraveler:20181104163630j:image

ムンバイ空港の免税店で一番大きく場所を取っているのがウィスキー売り場

安いものから1万ドルを超えるものまで常備してあり、pre-orderで買って行く人も多く見られます。

 

喧騒のムンバイ郊外アンデリー地区にて

ムンバイ北郊 空港北に位置するアンデリーイースト地区
ムンバイ近郊の代表的な工業地区でその周りには日本人駐在員も多く住むポワイ地区があり、30キロほど離れたムンバイダウンタウンまで地下鉄が数年後には通る計画があり、発展の一途をたどっていますが、街中は相変わらずカオスです
ムンバイドリームを目指してインド各地からやってくる人々。
ムンバイはインド中どこの地域の食べ物も食べられるのではないでしょうか。
その波は10年ほど前からこのような郊外にも波及し、今や渋滞はムンバイダウンタウンを凌ぐとも言われています

仕事も終わり、渋滞が始まる17時頃ちょっとオフィスの外に出てみるとそこは人の波と全く動かずクラクションがけたたましく鳴る駐車場状態になっているような渋滞。
事務所ビルの前に有名なサモサ屋台があり、昼夜問わずかなり繁盛しているようで、渋滞の車の中から運転手さんもテイクアウトで買ってる光景を目にします。
サモサ屋台で夢中で食べているサラリーマン風の人と工場労働者風の人。
育った環境も州も、土地もそして話す言葉も違うのでしょう
ですが
ムンバイで一発当ててやるぜっていう目は同じく光ってました
負けられませんね 我々も

 

f:id:Shinworldtraveler:20181029215528j:image

このようなサモサスタンドとかがそこら中に道路脇にあります。

近くに行くと油の匂いが凄まじい。

ここは流行っているのでしょうか、たまたま退勤時間、混み合っていました。
f:id:Shinworldtraveler:20181029215513j:image

いつも渋滞が凄まじいムンバイ郊外のアンデリー地区。

渋滞なしではホテルまで10分足らずでつくのに、渋滞に捕まると1時間かかることも

でも歩く気になりません。。。

インド出張  出張時に気分転換できてますか

出張がずっと続いていると、仕事とホテルと空港だけの生活になり、精神的にも辛くなってしまいます。

しかもホテルに帰っても結局仕事を持ち込んだり、食事に行ってもお客さんと食事に行くことが多く、結局仕事の話になったり。

出張が日常になるとどうやって1日の中で仕事から切り離せる時間を作れるのかが重要になります。

特に娯楽も少なく、外を歩くことがないムンバイ郊外では、どうしても仕事とホテルの往復になってしまい、運動不足はおろかホテルに帰っても仕事をしているということが多くなってしまい、欧州、アメリカ、アジア諸国と違い、インドという場所がらただでさえ精神的に辛いのに追い討ちをかけることになります。

 

ホテルのジムでちょっと運動しても、あのランニングマシーンを見るとネズミのように思えてしまい、外を走り回っているネズミを思い出してしまうのであまりジムにもいかなくなりました。

 

ということで最近見つけたのが、空港周辺には5スターホテルが結構あり、そのバーをめぐるということを見つけ、毎日違うホテルのバーに入り浸って、音楽を聴きながらジントニックを舐めてます

 

そんな中空港直ぐ近くのJWマリオットは数回訪れ、ジントニックもジンのセレクションだけでなく、トニックの数種類のセレクションがあり、落ち着ける場所で最近よく利用している。

ホテルのバーで余計な気を使わず、店員もしっかり教育されていて注文したい時にだけ話をしてくる、気兼ねなく利用できる落ち着いたお勧めのロビーバーです

 

 

f:id:Shinworldtraveler:20181027163348j:image

入り口入りレセプションカウンターの右手奥にあるラウンジバー

仕事終わりに落ち着ける場所をやっと見つけました


f:id:Shinworldtraveler:20181027163333j:image

広々としたバーカウンターに加えゆったり座れるソファ席とテーブル席があります


f:id:Shinworldtraveler:20181027163341j:image

ここでもジントニック

アジアの国でジントニックを頼むとレモンではなくライムを入れてくるところが多いのですが、ここは何も言わず美味しいレモンが入ってくれるのも嬉しい。


f:id:Shinworldtraveler:20181027163354j:image

ナッツ類を食べながらジンを舐め、好きな音楽を聴いていると本当にホッとできます。

やはり仕事からマインドも離れられる時間を作ることは必要ですね

 

インド ムンバイ滞在記 夕食はフェヌグリークとチキンのグレイビー

定宿にしているムンバイ郊外空港近くのTUNGA REGALE HOTEL

チェックインを済ませてホテルのレストランへ

 

ムンバイでイタリアンを食べても、フレンチを食べても、中華を食べてもほとんどのレストランではインドテイストになってしまい、indian italian , indian french , indian chineseとなってしまうので、ほとんどインドに来たらインド料理を食べるようにしています。

 

インド料理って一人で食べるのに適していないと思うのが、一つの料理の量が多い。

ファーストフードだったらそういうことはないのでしょうが、ホテルのレストランとなるとビュッフェ以外、個別にアラカルトで頼むと一品が多いのが弱点です。

 

そんな中

もうすでにインドに出張でくるようになりもう直ぐ20年が経とうとしますが、わからないのがどれがカレーでどれがグレイビーなのか

いつも説明を受けるのですがいまいちよくわからないので結局レストランのお勧めをいつも美味しくいただいております

 

インド料理と一言で言っても地方地方で様々な料理があり、ナンは全インドで食べられているわけではなく、お米も全インドで食べられているものでもありません。

 

そんな中、せっかくインドにいるので毎回違ったインド料理を一品食べるようにしています。

 

そこで今回はレストランに聞くと、新鮮なフェヌグリークの葉っぱを仕入れたのでフェヌグリークとチキンのグレイビーにしましょうと

 

しましょうって

 

お勧めしますだったらわかるのですが、このホテルのレストランは8年前開店当初からお世話になっているレストランでおまけにここのマネージャーのお勧めは結構ハズレはないので、その”しましょう”と言われたフェヌグリークなるものをチャレンジ

 

フェヌグリークを調べて見るとマメ科一年草で、中東、アフリカ、インドで古くから栽培されいてなんと古代エジプトのミイラを保存するのに使われていた薬草だったそうです。

そして古代ローマで家畜の飼料として使われ広く世界に広まり、日本にも江戸時代に中国から入って来たそうですが、定着はしませんでしたが日本名コロハという名前もあるそうです。

 

全く知らなかったのですが、今私たちが食べている日本のカレーの実は主原料の一つになっている大事なスパイスだそうで、そのフレッシュなフェヌグリークの葉っぱのグレイビーを食べられるなんてラッキーと調べた後思いながらいただくと、

ほのかに日本のカレーの味がして来ました。

味は全く違うものですがほのかに日本のカレーの匂いがしたことは嬉しく、また調べると胃の調子を整えるものとして胃腸薬として飲まれている歴史があったことから、これもまた期待大です。

 

 

f:id:Shinworldtraveler:20181026010247j:image

酸っぱ辛いお漬物と、フェヌグリークの葉とチキンのグレイビーをインド西部特にグジャラート州で食べられている全粒粉を使った無発酵のパン、rotiと一緒に

f:id:Shinworldtraveler:20181026010308j:image

この酸っぱ辛いマンゴーのお漬物、慣れると癖になります


f:id:Shinworldtraveler:20181026010325j:image

メインはフェヌグリークの新鮮な葉っぱとチキンのグレイビー

ほのかな日本のカレーの匂いがこれまた食欲をそそります

 

 

 

ジェットエアウェイズ搭乗記 早朝のバンコク-ムンバイフライト 9W61

10月25日

バンコクからムンバイまでのフライトはタイ航空やエアインデイア等のフラッグシップキャリアも含めるとデイリーに早朝から夜まで6便飛ばしていてそのほとんどは夜に集中しているのですが、唯一ジェットエアウェイズだけは早朝便を飛ばしていて、利便性が良いのでよく利用しているフライトです。

ただ

時間が早すぎる。

バンコクを朝の05時55分に出発し9時半にはムンバイに着陸、仕事場が空港から近いため事務所へは10時半に着ける為効率が良いのですが、なにせ5時55分ということは空港に遅くとも5時にはついていないといけず、ということは最悪4時20分にはレジデンスをでないと間に合いません。

この時間は市内でもタクシーが捕まらないことが多く、運よく捕まってもぼったくられることが多いので、タクシーを拾う時間を考えると余裕を持って4時にはでたいところです。

 

しかし

 

この日起きたのは、4時35分。 目覚ましなっていたのに、なぜ起きなかったのか

 

ベッドから飛び起きて、旅券だけバッグに入っていることを確認して、エレベーターのボタンを連打し、外に出てタクシーに乗り込み、ミラクルスピードで空港に向かってもらい空港に着いたのが5時20分

 

とっくにチェックイン時間は過ぎているどころか、搭乗時間まであと10分。

当然預け荷物は諦めなければいけないと思い、なんとか人だけでも乗れないか交渉。

 

チェックインカウンターでは最初首を横に振ったものの、拝み倒したのが功を成したのか、なんとか航空券をもらい、走ってゲートへ。

こういう時に限ってゲートはF5,,,,

一番奥の方じゃないか!!

とりあえず走りました。。。

途中日頃の運動不足を呪いながら、朝っぱらからゼイゼイ息を切らしながら走りました。

他人から見れば走ったというより最後の方は早歩きだったのでしょうが、なんとかゲートまでたどり着き、ドアクローズ瞬間に滑り込み。当然最後のパッセンジャーです。

 

汗だくのままシートに倒れ込み、息が整うのを待つと自然とまた睡魔が

 

最近フライト中よく眠れます。 これは良いことですね
 

f:id:Shinworldtraveler:20181025221810j:image

離陸を待たずに眠り込み、気がつけばもうすでにアンダマン海上空。

機内サービスが始まります


f:id:Shinworldtraveler:20181025221815j:image

朝食はチキンソーセージとオムレツ。豆はケチャップの味しかしませんでしたが、


f:id:Shinworldtraveler:20181025221749j:image

ほうれん草のオムレツはそれなりに美味しかったです


f:id:Shinworldtraveler:20181025221802j:image

食事をつまみ、また一眠りすると3時間半のフライトをもう直ぐ終えようとムンバイ上空着陸態勢に入ってました

ムンバイまであと20分の距離、もう直ぐナビムンバイ上空です


f:id:Shinworldtraveler:20181025221753j:image

着陸寸前、ムンバイ郊外の朝靄の様子。

ムンバイで快晴というのを20年ほど来てますが見たことがありません。。

 

 

shinworldtraveler.hatenablog.com

shinworldtraveler.hatenablog.com

shinworldtraveler.hatenablog.com