Shinworldtraveler’s diary

年間150フライトするミリオンマイラー 世界の機内食や出張先の出来事などをアーカイブします

リヨン弾丸出張

2018年12月13日

クリスマス休暇に入る前に会議をしたいということで、フランスリヨンまで弾丸出張

リヨン滞在2日リヨンからミラノへ移動しミラノ滞在1日とかなりの強行出張であった。

前にリヨンを訪れたのは10年前しかも気候が良いときだったので、いくらクリスマス前とはいえ寒空の中着陸すると、欧州の冬独特の寂しい暗い雰囲気が漂っていてこちらも少し悲しい気分になりかけましたが、翌日朝は雲ひとつない快晴。

張り詰めたピリッとした空気の中リヨン旧市街地を歩きお昼ご飯にキッシュをブルゴーニュのワインで流仕込めば寒さも吹っ飛びなんとか仕事モードに切り替えて乗り切ったそんな出張でした

でもリヨンの街並みって綺麗ですねフランスはパリも素晴らしいところですがイタリア同様小さい村や街が綺麗でなりません。

夜客から招待されたのが地元のレストラン。ブッションリヨネーズとは名以上、トリッパとピノ・ノワールを堪能してお腹いっぱいのまま眠りにつくそんな素敵な弾丸出張でした

また呼んでくれないかしらすぐにリヨンだったら飛んでいくのに。。

f:id:Shinworldtraveler:20190917075337j:image

リヨンまでの道中もすっかり冬景色でした
f:id:Shinworldtraveler:20190917075346j:image

山を越えてgevrey を過ぎるとリヨンまではもうすぐ
f:id:Shinworldtraveler:20190917075349j:image

市街についた頃には運良く青空も見え素敵な街並みが広がります
f:id:Shinworldtraveler:20190917075353j:image

夏に来れたら昼休みにテラスでワインでも飲みながらランチなんて考えるほど素敵な場所でした
f:id:Shinworldtraveler:20190917075342j:image

中国新幹線初搭乗

2018年12月

香港滞在中に広州まで行くことになり、船とバスでの移動は経験済なので電車しかも新幹線で移動してみることに

香港で切符を買い1時間ほどの待ち時間を経てホームに上がると本当に綺麗。電車が入線するとみなさんきちんと列に並び車内へ入るのも超スムーズ。

席に着き足元をみるとレッグスペースも広々としていてリクライニングも十分。アジアによくあるエアコンガンガンもなく、広州までゆっくり過ごせることができ大満足。

電車も走り出すとすぐに300キロ近くまで加速し揺れを感じることもなくトップスピードに

乗る前はツイッターなどで安全性の問題とか散々書かれていますが乗った感想、ほんとに素晴らしく快適でした。

強いて言うならば、英語の車内アナウンスがあると良いのですが。中国語だけだと外人には不便な面もf:id:Shinworldtraveler:20190917080930j:image

結構かっこいい。。
f:id:Shinworldtraveler:20190917080924j:image

乗る前に、駅で昼食を。香港のフードコートみたいなところってどこも量が半端なく多いんですね
f:id:Shinworldtraveler:20190917080945j:image

綺麗なコンコース。ゴミひとつ落ちていません
f:id:Shinworldtraveler:20190917080940j:image

乗り心地も横揺れも少なく快適でした
f:id:Shinworldtraveler:20190917080937j:image
f:id:Shinworldtraveler:20190917080933j:image

英語表記が全くないので本当に困る!!

深セン航空搭乗機

年に数回ある中国出張。

スターアライアンス加盟航空会社の一つでもある深セン航空。

せっかく中国に来たので広州からバンコクまで中国のエアラインにてフライトしてみることに。

ネットで見るとサービス面とかあまりいいこと書かれていないのは見たことありますが、折角の中国出張でいつものTGやSQに乗ってもつまらないのとスターアライアンス加盟全ての航空会社でフライトすることを目標としているのでせっかくなので広州からバンコクまで3時間フライトしてみることに

仕事場は広州郊外のため広州空港まで渋滞の中2時間かけて夜10時に到着。登場時間2320まで時間あるためゆっくりチェックインしてから空港内を探索。ちょうどこの時間アフリカ、中東行きの出発時間と重なるため他の航空会社とシェアしているラウンジは激混みでしかもろくな食事などないためラウンジには入らずちょっと空港内をぶらぶらして時間を潰す。

深夜ちょうどに出発し、バンコクに深夜2時に着陸という3時間の効率の良いビジネスマン泣かせのフライトせめて機内で眠れるよう運動がてらはじめてのこの巨大な広州空港内をひたすらぶらぶら歩きいざ搭乗時間になりゲートへ進むと、いくら機材がB38と小さくても満席っぽいこのフライトちなみに優先搭乗のアナウンスなどなくどっとゲートに流れ込んで行きます。

結局普通に並びYクラス指定した前方窓側4Aに座りしばらくして後ろを見ると完全満席。

しかしYクラスが始まる4列目から6列目までは真ん中席が空いている。そうこうしているうちにCAが4列目から6列目まで挨拶に回りドアクローズのアナウンス。

どうやら6列目まではスターアライアンスゴールドのみブロックしてくれているそう。しかも深セン航空マイレージクラブホルダーでもないにもかかわらずCAさんが挨拶に来てくれて、食事のチョイス事前に聞いてくれるサービス。

しかもシートポケットを見ると新聞とペットボトルの水がすでに入っていて、なんとも気がきくサービス。

機材はバンコク行きだったためB3と小さかったが機内はものすごく綺麗でそれに一番感心したのがCAさんがブランケットを配ってくれるのだが明らかに前方席は新品袋から出されたブランケットを提供してくれものすごく行き届いたサービスでした。

久しぶりにまた乗りたいと思わせる深セン航空でした。

しかも広州からバンコクまで片道航空券130ドルシートクラスはこの価格でMクラス

中国出張の際は指定航空会社になりそうです

 

f:id:Shinworldtraveler:20190905114002j:image

深夜0時のフライト 機材はB737-800
f:id:Shinworldtraveler:20190905113954j:image

A101ゲートから出発です
f:id:Shinworldtraveler:20190905114006j:image

機内は清潔感溢れ、とても綺麗
f:id:Shinworldtraveler:20190905113958j:image

前ポケットにペットボトルの水と新聞のサービス
f:id:Shinworldtraveler:20190905114012j:image

3時間の深夜フライトですが、機内食も配られます

デザートにはロンガンがコロコロ転がっていました
f:id:Shinworldtraveler:20190905113950j:image

ボリューム感のあるメイン
f:id:Shinworldtraveler:20190905114016j:image

2時間ほど仮眠すると予定到着時間通りバンコクに着陸です

フランクフルト senator lounge

ルフトハンザ フランクフルト セナターラウンジ

 


定刻通りに羽田からフランクフルトへ着陸し、最終目的地ミラノへ

乗り換え時間2時間、それほど混んでない入国審査を通り税関を抜けてBターミナルからAターミナルへ

この空港好きな空港なのですがとにかくデカイ。

大きな空港というとシンガポールチャンギなどがありますが、チャンギはターミナル間トラムで移動するのに対しこの空港はひたすら歩きます。

空港で乗り換え流時はなるべく運動にと思い歩くことが多いのですが、それにしても限度というものがあります。

Bターミナルの奥からひたすら歩くこと15分やっと欧州域内に離発着するAターミナルへ移動し、ラウンジでちょっと一服。

ここで少し休み早めの夕食を済ませ、今度はミラノ行きに乗りためA40とこれまた端っこの方まで15分歩きます。

今回は滞在1週間でそのあとまたアジアに戻るため手荷物で全て済ませたのですがちょっと後悔です

 


ミュンヘン同様広いルフトハンザのセナターラウンジ

 


早めの夕食に肉団子とパン

プレッツェルは少し塩味がしてマスタードをつけていただくと美味です

f:id:Shinworldtraveler:20181217052430j:image

 

 


f:id:Shinworldtraveler:20181217052512j:image

残念なフライト

整備不良と確認不足

 


全日空NH223羽田発フランクフルト行き

もともと予約していた席はすでに隣も埋まっているということで、別の席を案内されたのが後方40A 全日空のB7ERですと後ろから3列目とかなり後方を案内されここなら隣をブロックできますよと。

席に座りますと、すぐに隣にはスーツを着た方が座り始めます

彼には罪はないのですが、それでもブロックしていただいてるので間違いでは無いかと話しかけるわけにもいかず、ドアクローズのアナウンスが出ますとなんととなりが空いてるのは私が座った前後の席でこれはどういうことなんだろと思いながら離陸し、ロシア極東の空域に入った頃一食目の機内食が出ます。

いつもここ機内食をつまみながらニュースを見たり、ダラダラと映画見たりしてるのですが、ヘッドフォンを差し込み口に入れても音が聞こえてきません。自分の持ってるヘッドフォンで試しにかけてみましたがそれでも無理。

よく見ると肘掛にある差込口が壊れてるではないですか

 


CAの方に壊れてる皆伝えるも、お待ちくださいの一言。

そのままフライトは続き残り4時間ほどになってから追加マイルを差し上げますってCAの人から言われるも、そういう問題じゃないと思う

 


そして到着50分前 パーサーが隣の方の航空券を確認すると、なんと彼の席が間違っていることが判明、

 


結局ブロックはされていたにもかかわらず席を確認せずに座った乗客とブロックされているにもかかわらずそれを確認しない航空会社  これって安全上どうなんでしょうかと勘ぐってしまいます。

 


スタートラックで何個の星、何年連続で獲得とかいつも宣伝してますが、席のイヤホンジャックが壊れている(物理的に剥がれてる) のを見えていない会社ってどうなんでしょう。機内整備がきちんとされていないという証ですね

 


サービス以前に、全日空の機内メンテを疑います

 


機内ビデオではいつもの笑点。先週嫌というほど機内で見たので今回は音声なしで問題と回答を想像しながら、幾度と見てしまいました

f:id:Shinworldtraveler:20181217052309j:image

全日空 羽田 フランクフルト便搭乗記 C滑走路から離陸

f:id:Shinworldtraveler:20181217052127j:image

12月8日  全日空NH223

定刻通りにプッシュバックを開始し滑走路に向かいます

東京に戻っている時は大体家に帰るのも夜遅いので、疲れてることが多く、深夜便ですとそのまま機内へ、朝便ですと寝不足のまま機内へということが多く、機内ではドアクローズのアナウンスが、おやすみなさいのアナウンスみたいなものなので、今回もぼーっと外を見ながらどの滑走路だろうと思ってるとどうもC滑走路の方に向かっています。前を走行していたB3が滑走路に入りそのまま離陸してるを見てもしや、我々もとちょっと期待が膨らみます。

そう東京中心部めがけて離陸していくんですC滑走路。たいがい深夜便ですと沖合のD滑走路を使うことが多く方向によっては離陸した瞬間なにも見えないということが多いのですが、今回は絶景でした

C滑走路から離陸したB7は離陸後すぐに右に旋回、ちょうどレインボーブリッジが綺麗にみえ、その後TDLの脇を通り、北上して筑波山を見ながら日本海を目指し北海道手前でハバロフスクの方へ舵を切り大きなロシアの上空を飛んでいきます

ノボシビルスクの北上空あたりで朝日を迎え、エカテリンブルクあたりで軽食が出て到着1時間半前に2食目が出ればフランクフルトはもうすぐです

昔は欧州というとほぼフランクフルト乗り換えだったのですが、最近はブリュッセルなどより小さい空港での乗り換えが多くなりましたが、相変わらず大きく機能的なフランクフルトは好きな空港です

 


f:id:Shinworldtraveler:20181217052122j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217052113j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217052105j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217052110j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217052118j:image

2018年末 羽田空港 激混みの全日空SUITEラウンジにて

f:id:Shinworldtraveler:20181217051908j:image

12月の週末のフライトは混むんですね。満席のフランクフルトまでフライトするため1時間半前に空港に到着、110番ゲート付近のラウンジへ

夜便と違ってそれほど混んでおらず、個室もすんなり入れ早速朝食を取ることに

サラダに卵焼きに卯の花とごはん

今月から羽田空港ラウンジで使用されるご飯は、

宮城県産の ‘だて正夢’ 

10年かけて開発されたプレミアム米だそうです

ふっくら感ともちもち感が強く そして甘いこのお米そしてコシが若干強いこのお米正に天下取れそうな感じですよ。

 


食事を済ませて少しゆっくりしてると搭乗時間はもうすぐです


f:id:Shinworldtraveler:20181217051904j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217051855j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217051858j:image
f:id:Shinworldtraveler:20181217051851j:image