Shinworldtraveler’s diary

年間150フライトするミリオンマイラー 世界の機内食や出張先の出来事などをアーカイブします

高度1万メートルのレストラン ZH9007 広州ーバンコクまでのフライトはコロコロ転がるロンガンとともに

8月4日。
ホテル番禺から広州BAIYUN空港直行いきのバスに乗り込み3時間前に空港に到着。
空港ターミナルにセキュリティを抜けて、カウンターに向かうと深圳空港のゲートがどこを探してもない。。。どこを見ても中国南西空港のチェックインカウンターしかなく、端から端まで歩いてカウンターを探して見たが深圳空港なるものはなく、しばらく彷徨い出発時間までだいぶあるとはいえ、ちょっと焦りながらinformationを発見したので聞くと、なんと違うターミナルとのこと。どうやらT2に降りてしまったようで、シャトルバスに乗ってT1に移動しなければならず、一旦外に出てシャトルバスを待つこと、10分ほど。
ターミナル間は歩ける距離ではないらしく、出発2時間前にT2に着き、今度は無事に深圳空港のチェックインカウンターに到着。

f:id:Shinworldtraveler:20180814174226j:image
f:id:Shinworldtraveler:20180814174242j:image
深圳空港のあるターミナル2は新しくできたターミナル1に比べるとやはり古く、天井も低く少し圧迫感があり、しかも日がくれた夜は暗く、どこか昔のモスクワの空港を思い出す。
しかしここは中国。モスクワの空港のように閑散としてはなく、EMIRATES AIRがdaily 2 flightsをはじめ、ETHIPOPIAN AIRやIRAN AIRAIR CHINA,TURKISH AIRと国際色豊かで中東、アフリカへのフライトは夜に集中しているらしく、ものすごい混雑ぶり。
しかもEMIRATESとETHIOPIAN のカウンターがすごい。中国人や旅行客以上に中東系やアフリカ系の人の荷物の多いこと。スーツケースを持っている人はほとんどおらず、みんなダンボールを山積みにしている
そのダンボールの山をかき分け、深圳空港のカウンターに到着。
無事にチェックインを済ませ、はじめての空港、時間もあまりないのでラウンジには行かず、空港をぶらぶらしながら、ゲートに向かった。

行きと一緒でほぼ満席の深圳空港は定刻通りに出発し、進路を南西にとり、ベトナム北部上空を通過し、一路バンコクを目指す。

f:id:Shinworldtraveler:20180814174453j:image
f:id:Shinworldtraveler:20180814174417j:image

出発して間も無く、シートベルトサインが消えた瞬間、機内食が配られるが、行きと比べるとかなり劣るどころか、弁当箱を開けてびっくり。何か玉のようなものがと思ったら、ロンガンがコロコロ弁当箱の中で転がっている

f:id:Shinworldtraveler:20180814174608j:image
f:id:Shinworldtraveler:20180814174540j:image

 

チキンライスと一緒に配られるコロコロ転がるロンガン。。。

f:id:Shinworldtraveler:20180814174702j:image

 

そのほかになんだか読めないドライフルーツ

ドライフルーツをカリカリかじっているとバンコク上空はすぐそこ、深夜のバンコク空港に無事に到着した

広州 番禺最終日で食べた美味しいもの その5

8月4日
広州での仕事も無事終わり、まとめのmeetingも無事に終わり、気楽な気分でお客さんと食事に
湯葉が食べたいとのリクエストに応じて、これまた日本人は焼豚好きなんだろうと言われ、焼豚を注文

f:id:Shinworldtraveler:20180812022847j:image

今回の焼き豚は超巨大!

 

もう反論するのも疲れました。

はい日本人全員焼豚好きなんで注文してくださいと出て来たのがアメリカ人もびっくりなスペアリブ。
まさかこれアメリカ人みたいにこれが一人前じゃないだろうねと 当然シェアでしょと返答。
そりゃそうだよなとスペアリブにかぶりつくと、今までスペアリブというと訳のわからんニューオーリンズソースだの、BBQソースだの、チリソースだのようは味が濃いだけのソースをアメリカで経験して来た僕は。。。びっくり!

とってもジューシーでちょっと辛みのある醬油味 これは最高でした

 

他に

f:id:Shinworldtraveler:20180812022928j:image

他には僕のリクエストに答えてくれ インゲン豆と
f:id:Shinworldtraveler:20180812022934j:image

湯葉  日本の湯葉とはかなり違いますがこれはこれで美味しい
f:id:Shinworldtraveler:20180812022920j:image

辛いの好きなんですけどここまで辛いとしんどくなってくる、鶏肉の辛み炒め

 

 

 

 

 

広州のお茶屋さんでお茶を購入

番禺郊外にお茶の卸売り市場があり、お客さんが贔屓にしているお茶屋さんがあるという
私のお客さんは山東省出身で、同郷のつながりからか10年来の友人だそう。広い広州、その中の村みたいな番禺でも山東省、福建省雲南省といろんなコミュニティがあるそうで、同省出身の人からクチコミで商売が始まることも珍しくないという
まあ中国らしいと言えば中国らしいですね
上海出身に人も私は中国人ではなく上海人ですって言ってたしお客さんも山東人って言っていた。今更ながらこの他民族国家である中国の複雑さをお茶買いに行く車の中で考える。
というかお茶買いに行くだけなのに、なんでこんなこと考えなくてはいけないの、お茶ってもっと楽に変えるもんじゃないのと思いながら、番禺から走ること20分
お茶屋さんに到着

f:id:Shinworldtraveler:20180812022256j:image
そこは市場というより小売店が集まっているような感じの場所で、我々が入ったお店もお茶と茶器を一緒に売ってる場所でした。
お茶屋さんというとぼったくられるとかそういうイメージがあるんですが、お客さんの友人だし、多少ぼったくられても付き合いもあるしまあいいやと思っていたら、

お茶屋さんすいません

今回は鉄観音プーアル茶を自分用に
予算は鉄観音500grで150元
普洱茶500grで300元
と予算を決めてありその予算内で良いものがあれば、と告げておいて店内へ

どう考えても他より安くしていただき、そして帰りにお土産までいただき、結局試飲に次ぐ試飲で3時間も居ることに。

f:id:Shinworldtraveler:20180812022343j:image

さっさと買って帰るつもりがこのテーブル囲んで、会話が進み結局3時間もいることに
f:id:Shinworldtraveler:20180812022402j:image

今回のお目当はこのプーアル茶

みかんの皮に中に入っていて飲むとほのかに柑橘系の香りがする
f:id:Shinworldtraveler:20180812022336j:image

10回も出してまだこの色はびっくり
f:id:Shinworldtraveler:20180812022354j:image

迷いに迷って鉄観音も購入

 


そしてその中でトイレに行った回数、数知れず。。。

番禺で食べた美味しいもの その4 疲れた胃にはお粥

8月3日
中国に来て毎日脂っこいものを食べてる。
そろそろアッサリとしたものが食べたいとおもい、一昨日入った餃子屋さんの隣にお粥屋さんがあるのを思い出し、夜にちょっと胃を休める意味でもお粥なんていいんじゃないと一昨日入った路地に迷わず吸い込まれていった。
迷わず店内に入っていき、注文を急かされると、なんとビールがないという
そして外を指差し、どうも前のコンビニ見たいなところで買ってこいということらしい。
早速コンビニでビールを調達、先日お邪魔した店の前を通ると、店のおばちゃんは覚えていてくれて、どうもそのお粥屋さん、彼女の親戚なんだか友人なんだかで、お粥屋さんの方に入っていくと餃子のメニューを持って来てくれ、お粥とビールを注文。
メニューになんだかキュウリらしきものが書いてあったのでこれはもしやキュウリの辛めたものかと期待すると予想通りに出て来てくれて、

f:id:Shinworldtraveler:20180809164551j:image
短パンに白のランニングを来て現地のタバコを吸いながらビールとこのキュウリ食べたらもう完全にローカルだよと思いながら、飲んでると出て来ましたオススメの牛骨粥。
小を注文したのですが当然一人では食べきれない量で二人でシェア。


f:id:Shinworldtraveler:20180809164626j:image

f:id:Shinworldtraveler:20180809164631j:image



菜っ葉が多く入った牛骨粥は骨周りの肉が箸でホロホロ取れるくらい柔らかく、ちょっと塩味の効いた粥によく合う ビールにも合うお粥って初めての感覚でした

 

番禺で食べた美味しいもの その3 ランチにて

8月2日
四川レストランでランチ
中華料理って何を思い浮かべます??
色々地域によって食材、調理方法が異なる中華料理ですが、私は無類の麻婆豆腐好き。誰がなんと言おうと日本人は麻婆豆腐が好きなんです
しかも日本の麻婆豆腐が好きなんです!!
中国人に本場の麻婆豆腐は違うとか、日本の麻婆豆腐は中国の麻婆豆腐のbad copyだとか散々disられても私は好きなんです。

ということで連れてこられた四川レストラン。
注文するのはただ一つ
はい麻婆豆腐です

やってきました麻婆豆腐とご飯。

f:id:Shinworldtraveler:20180807203355j:image
f:id:Shinworldtraveler:20180807203351j:image

食べる前に四川の麻婆豆腐の歴史とか、私の麻婆豆腐のマーの発音がなってないとか、麻と辣が絶妙にマッチしていないと麻婆豆腐とは言えないとか、山椒は半分潰れてないと香ばしさが麻婆豆腐の中から出てこないとか、、、、

非常にためになるお話なんですけど。。。。

お話を聞いてるうちに油が浮いてきて冷めてしまいそうで、これ以上聞いてたら豆腐も溶けてしまいそうな雰囲気だったので、いただくことに

確かに日本の麻婆豆腐と比べると山椒の絡みと風味は強く食欲が出てきます。
しかし
日本と比べて
油の量が多い
豆腐が柔らかすぎる
ネギが多い
とこれはこれで本場と諭されたお味なんでしょう。彼らが日本に来て麻婆豆腐食べたら、絶対違うというでしょう
でもやっぱり熱々のご飯にかけて食べる日本の麻婆豆腐は最高だと思います

この昼食最後まで麻 辣の発音、音階訂正されておりました。

番禺ローカルグルメ その3

8月1日
前日は雨、翌日も雨が降るという。それも南国特有のスコールではなくても終日雨。その日は雨が降っていない。
迷いもせず、たまりに溜まっているパソコンの中のメールをほっぽり出し、ホテルにカバンを放り投げ、番禺中心地であるパンユーホテル周辺を探検に行くこと
前から気になっていたホテルから道を挟んだところにある路地

夜車で通ると人がこの路地に吸い込まれて行くのを何度も見た。現地のお客さんに聞いても、ここはローカルなものしかないからと皆んな一蹴する
いやそんなローカルなものを見たいんだよ、食べたいんだよと好奇心のかたまりのような僕は早速この路地へ潜入。

f:id:Shinworldtraveler:20180807022113j:image
入るなり、右側のレストランは魚料理、左側には豚足の屋台。それぞれ室内にテーブルはあるのだが、表にテーブルと椅子をだし特に魚料理屋さんなんて美味しい匂いをプンプンさせながら、客は酒を飲みながら大声で、店員は注文を怒鳴りつけるように店内に大声で、まあどちらも大声というか我々からしたらほぼ喧嘩してるようにしか聞こえない横を通り抜け、その横は床屋、床屋の横っちょには小僧が立ち小便。
そのまた横を通り抜けると小さなスーパーにスイカをカットして売ってるスイカ屋さん
こんな感じでぶらぶらしてると、結構繁盛してそうな餃子と書いてある看板を発見し、入ってみることに
夫婦で切り盛りしてるらしいこのお店はおばちゃんが注文取り、お父ちゃんが厨房と、仕事っぷりはテキパキと座るやいなやメニューが出てきて、メニューをみる暇もなくおばちゃんが注文を取りに来る。


メニューをみるとなんと12元以上のものがほとんど無いではないか!

f:id:Shinworldtraveler:20180807022155j:image
12元って日本円で200円弱。これは期待できそう、と餃子と書いてあるものの中から適当にチョイスしビールを注文。

f:id:Shinworldtraveler:20180807022219j:image

出てきたのは知ってる青島ビールではなくてハルピンビール。ライトな感覚なビールながら、たっぷりの辛い辣油を掛けた餃子にちょうどあいゴクゴクいける感じ。

f:id:Shinworldtraveler:20180807022246j:image
f:id:Shinworldtraveler:20180807022242j:image
200円の餃子は一皿でボリュームはたっぷり、しかも蒸し豚餃子でなんとコーンが一緒に入っていてこれがまたコーンのシャキシャキ感と豚のしっとり感の相性が良い。

f:id:Shinworldtraveler:20180807022338j:image
ちょっと麺の柔らかいジャージャー麺で締めました^_^

番禺の高級ホテル Hotel Panyu宿泊

番禺で一番高級??Hotel Panyu
広州から番禺に到着し7月31日からの宿泊は、番禺で一番高級??なHotel Panyuへ宿泊
深センや広州の人は、ここ番禺は田舎だというが、それでも広州空港からは車で1時間 、 深センからも車で1時間 しかも広州中心から地下鉄も出ていて、田舎というよりは広州の郊外であるこの街の中心にあるのがここhotel Panyu。
ホテルロビーは大きく中にはスターバックスもあり、メインタワーにある部屋にチェックイン。
一年の半分くらいをホテルで過ごす僕にとっては、必ずしも5スター、4スターではなくてもいいのですが、決め手は
セキュリティがしっかりしている
ほとんど使わないが、safety boxが部屋にある
アイロンがある
シャワールームがカビ臭くない
エアコンがカビ臭くない
インターネットが快適に使える
これさえあれば、プールもいらないし豪華な朝食もいらない
シャワールームとエアコンがカビ臭くないって当たり前だと思う方もいらっしゃると思いますが、結構様々な国で展開している5スターチェーンでも結構あるんですこの手の部屋。
今回泊まったhotel panyuはその点申し分なく、部屋も大きく綺麗でシャワールームとバスルームが別にあり久しぶりに湯船に浸かり疲れを取りたいとおもうくらい綺麗
番禺これから年数回は来そうだし定宿候補に入れておきましょう

f:id:Shinworldtraveler:20180806170407j:image

ベッドは広々しているだけでなく硬さもちょうど良い
f:id:Shinworldtraveler:20180806170413j:image

バスルームからはガラス張り

いくらカーテンが降りてくるとはいえ、流行っているらしいがどうも落ち着かない